2006年05月31日

mono #129 : 瀬戸焼の壺
hunting spot : 古美術まちかん@川越

川越のまちかんという骨董品屋さんに転がっていた、
瀬戸の茶葉入れです。
でっかいキャニスター??

このまちかんのおじさんはさー、
ナカナカ一筋縄じゃあいかなくて、
こちらが"欲しい"って顔をすると
 売らなくったって良いんだからね
って雰囲気を醸し出すんだよねえ。
それに、こちらが何を見ているのか、
見ないふりをして、ちゃんと観察しているのよ。
でもね、同じモノがあるなかで、
コレダ!っていうものを選べばおじさんは認めてくれて、
安くしてくれたり、他の良いものを勧めてくれたり、
オマケしてくれたりするの。
品物を買うのも勝負ってワケよお。
ま、最終的には、自分が納得できるものを
手に入れれば良いだけなんだけど、
でもやっぱり同じ買うなら
お主、やるなって思われたいじゃなぁい。

そんな、まちかんさんで買ったこのコですが。
これはね、実は、他のモノを買うついでに買ったのです。
蕎麦ちょこを買って、で床を見たら転がっていて、
値段を聞いたら安かったから、衝動買いしてしまったの。
多分オジサンはなかなか売れないから
手っ取り早く売りたかったんだと思うわ。
蕎麦ちょこも買うみたいだし、ま、いっかみたいな感じ?

江戸時代の瀬戸焼の茶葉入れなんですって。
うふっ。
黒くてぬめぬめしていて、
肌触りがつるんと気持ちが良いのです。
そして、大きい!
小さめのスーツケースぐらいの大きさかな。
上部には、蓋がくくりつけられるよう、
突起が4カ所に付いているから、
きっとたっくさん茶葉を入れて、保存して、
このまま運んだりしたのでしょう。
 今年の茶葉は質が良いねえ。
 お天気に恵まれてたからなあ。
 来年の豊作を祈って、お参りにでも行こうかねえ。
 おおっ、そりゃあ良い。
なあ〜んて会話が、
この壺の周りでささやかれていたのかなあ
なんて想像するとまた楽しいものね。
こんな大きな壺に茶葉を保存できるようなお宅は、
それなりの財産のあるお宅だったのだろうなあ。

まあ、姿形が飛び抜けて美しいわけではなく、
油薬が芸術的というわけでもない。
勿論のごとく愛眼用というよりは、
実用的に作られたんでしょう。
とは言え、昔のモノは人の手で丁寧に作られていて、
素敵だなあと思います。
茶色味を帯びた黒色が、深くしっとりとしていて、
とても綺麗なんですよお。
日用品も贅沢な時代だったんだなあと
江戸の世に思いを馳せずにはいられないですなあ。

setotsubo
posted by mono at 14:47 | Comment(133) | TrackBack(0) | モノの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月29日

mono #128 : ハニーディッパー
hunting spot : Williams-Sonoma@Philadelphia

ソノマ、ソノマ、ソノマ☆
ウィリアムソノマのハニーディッパーでっす。
かわいいでしょ。
さきっちょにミツバチが付いているの。
黒と黄色のしましまちゃん。

実はね。
このコを使うまでは、
ハニディッパーっなんて別になくっても良いじゃん!
って思っていたんですよ。
でも使ってみて、便利さを実感!
いやあ、やっぱり専用の道具って良く考えてあって、
便利に出来ているのねえ。
必要だから、このカタチ。素晴らしいわっ。

このコを買うまでは、
スプーンを使ってはちみつをすくっていたんだけど、
それだとどうしても垂れちゃう。
瓶の周りが汚れちゃう。
スプーンからはちみつが瓶にとろとろと流れて、
移すタイミングが見つからない。
だけどね、このコをはちみつに差し入れて、
くるくるっと回せば、綺麗にすくい上げられるんですよぉ。
すごいでしょお?
あんなに苦労していたのにっ。
それとね、溝に入ったはちみつを洗うの大変なんじゃないかと
心配していたんだけど、それも案外綺麗に取れちゃってさー。
おっどろき〜。

こんなに便利なら、
もっと早くから使えばよかったと思う逸品です。
はちみつを良く使うけど、
ディッパーなんていらないでしょと思っている方は、
騙されたと思って使ってみてえ〜。

honeydipper
posted by mono at 17:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | モノの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月06日

mono #127 : デザートナイフ&フォーク
hunting spot : THE GLOBE@三軒茶屋

ごめんなさいっ!!
贅沢なものを買っちゃった…。
って思った時には訳も分からず謝りたくなっちゃうワタシです。

私だって気に入ったからと言って
右から左へと手を出すわけじゃあナイんですよ。
……ってコトもないか。
一応ね、良いのかなあ、マズイんじゃないかなあっていう
躊躇するココロが有ることはあるのデス。

だけどさあ。
ウツクシイしね、こういうモノとの出会いは一期一会だしね、
前々からデザート用のカトラリーを欲しいと思っていたしね、
(長くなるので、飛ばして読んでください。)
状態も良いしさ、何てったってこの美しさ!
ここで買わなかったらきっと後悔すると思うのお。
しっくりくるものと出会えるってコトなかなかナイじゃない?
そりゃあ、ちょっとお高いけど…。
ゴールデンウィークもあって、
あまりお金は使うべきじゃないけれど…。
でも、今日逃したら、もう二度と買えないかもしれないし、
後で後悔するのは嫌だし、
こういうの、2〜3年探していたワケでー。
で、なかなか見つからなかった訳でしょう?
それがこうして目の前にある。
これは出会いよ、出会い!!
出会っちゃったモノは仕方がないよ。
折角の機会だし……。
買おう!

あー、長かった。
躊躇しながら、
 お店を出る時は手にしているんだろうな〜
とも思ったりしているんですけどねえ。
矛盾してるよねー。
でもさ、長年モノラバっていると、
出会った時のハートの動き具合で、
ああ、これは我が家にお持ち帰りだなっていうのが分かるの。
だったら早く買えば良いのにー。
でも躊躇う。
ワタシも人のコっつーことですな。

で、このコ!
三軒茶屋のTHE GLOBEで見つけました☆
シルバー部分にある花模様のカービング、
ホワイトシェルのハンドル!!
どうですかっ。
ウツクシイでしょお?
しかも状態良し&箱入り!
デザート用のカトラリーだから小さめなんだけど、
そこがまた愛らしいんだなあ。
1920年〜30年に英国で作られたとのこと。
アンティーク、ぎりぎりかな?
まだちょっと若めだけど、ユーズドと言うには古いよね。
ま、この程度の古さだったら、手を出せたということかな。

ああ、これがスターリングシルバーだったらなあ。。。
いやいや、愛らしいんだから、
そんなこたあどーでもいいのだっ!
と、自分に言い聞かせてみる。

早くこのコでデザート食べたいな♪
お客様、カッモ〜ン。


デザートナイフ&フォーク
posted by mono at 17:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | モノの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年05月03日

mono #126 : ミルクボックス
hunting spot : イケダ邸物置/頂きモノ

ど・う・で・す・かっ。
このコ!
可愛いでしょ〜?
木と金物で作られていて、
ペンキでNAKAZAWA MILKって書いてあるの。
しかも、黄色地に赤!
いやあ〜ん♪
これはですね、イケダさんのお宅の物置の中で、
小さな棚として使われていたんです。

イケダさんのお宅に行ったらね、
この中の物、捨てちゃうから持って行って〜
なんて言いながらガラリと物置を開けてくれたんですよ。
工具とか、ガーデニングの道具とかがあったんだけど、
そういうのはワタシあまり興味がないから(イケダさん、失礼!)、
うーん。って思っていたら、この箱が横になって、
中にまた板かなんかがはめられて、適当に置かれていたんです。
その姿を見た時に何となくピーンときて、
 これ、何?
なんて言いながら中の板を出して、
埃を払ったら、出てきたのがこのコ!!
じゃじゃじゃ〜んっ。
 ほっし〜!!
で、頂いて来たのっ。ぐふ☆

いやあ、これは素晴らしい。
多分本当に使われていたものだと思うんですよ。
牛乳を入れて配達していたんだと思うの。
自転車の荷台に積んで、
 はい、牛乳置いておくよ〜。チリン、チリ〜ン
 いつもご苦労さまー、明日は生クリームも持ってきてくれるう?
 はいよ〜。一本?二本?
 一本でいいわ〜。
なんてね、会話をしながら家々を回ったんじゃないかなあ。
こういうモノって、どうやって使われていたのか
あれやこれやと想像するのも楽しいよねっ。

一つ疑問なのが、"どのくらい前のもの"であるのか。
多分30年は前だと思うんだけど。。。
20年前だと、もうプラスチックになっていたでしょう?
だからきっと、30年〜50年ぐらい前のモノじゃないかなあ。
どうでしょう。

いやあ。
このコね、頑丈だし、上手に作られているんですよお。
昔の良いモノって贅沢だし、しっかりしているのよねえ。
板の角が斜めに落としてあって、
そこをトタン(…かな?)、で巻いてあるんです。
その金物は実用重視で巻かれたと思うんだけど、
縁取っているように見えて、とても可愛らしい!
それとね、取っ手の部分が
持ちやすいように斜めにカットされているんだけど、
とても持ちやすいし、
そのカットされたカーブが何とも言えず美しい!
仕事の丁寧さと美しさと、使い勝手の良さに
 やるねえ。
って気持ちです。
凄いなあ〜。
必要性によって生まれた実用を兼ねた美しさ。
プロダクトはこうでなきゃ!

MILKBOX
posted by mono at 10:18 | Comment(46) | TrackBack(0) | モノの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。