2006年06月02日

モノラバ対談
照明作家 谷俊幸氏×モノラバ もの

モノラバハウスを建てるにあたり、
沢山のコンセプトがあったのですが、
その中の一つにarts and crafts movementというのがありました。
あまり細かい枠組みに捕らわれずに、
作家さんの作品を集めよう!というもので、
その作家さん達をモノラバアーティストと呼ばせて頂くことにしたのです。

最終的には、12名ものアーティストさんが揃いました。
アーティスト1ダース!
その中のお一人に、
照明作家 谷俊幸さんがいらっしゃるのですが、
他のアーティストさん達は何となく身近に居た方だったんだけど、
谷さんの場合は、ワタシが谷さんの作品を見つけて、
とてつもなく気に入って、
連絡をして、作品を買って、
ずうずうしくも、モノラバアーティストになってちょ!
なんてお願いしたら、
快くOK!を頂いたのデス。
いやあん。

お話を聞いたり、ブログを見たりとかして、
ええっ。結構その世界では大変な方なのかも。。。
なんて後から驚いていたりして。
若気の至り。
とは言わないか。
知らぬが仏??
でも、谷さんはとても気さくな方で、
今も親切にしてくださっているのです。
素敵な方ねえ♪

そしてそして。
恥の上塗り。
ずうずうしくも対談を持ちかけてみたら。。。
承諾くださいまして☆
お忙しいでしょうにねえ。
そういうの分からないで突っ走っちゃったなあ。
ごめんなさいね、谷さん。
だけど、対談、まとまりました!
いやああ。

こんなにも素敵な作品を作るんだから、
どういう風に物事を考えているのか知りたいじゃないですか。
ねえ。
さて、対談の始まり、始まり。

あ、その前に。
谷さんの展覧会が、
表参道ヒルズと、目黒のMEISTERで開催されます。
どの作品も素敵だから、是非足をお運びください。
くらくらきちゃっても知らないぞ!


影と光展ポスター

『谷俊幸 影と光展』〜ここに在る世界観〜

efffy gallery&store
2006/6/17〜6/29

MEISTER
2006/7/1〜7/17


続きを読む


mono #131 : 手拭い/kata kata
hunting spot : 貞@神楽坂

毎度お馴染みさんで買った、
kata kataさんの手拭いです。

どうですか、このコ!
森のくまさん一家、鮭をとことこお持ち帰り。
何だか幸せでしょお。
しかもこの熊さん、無理に可愛くないところが素敵。
お父さん熊はとても強そう。

この手拭いは、
型染めという技法で作られているそうです。
しかも、3色も使っているから、
3つの型によってこの一枚がようやく出来上がるのね。
丹誠込めて作られた型を使って、
一枚一枚丁寧に染められているんだなあと思うと、
その労力が嬉しい限りです。

その労力も素晴らしいけど、
何て言ったって、デザインが良いのよねえ。
葉っぱの濃さが所々違うとか、
生い茂った葉の中に、
木の実をついばむ小鳥が潜んでいたりとか、
ちょっとしたところに趣向が凝らしてあって、
楽しませてくれるの。
しかも、構図が力強い。

手間を惜しまず、デザインも素敵!
素晴らしいじゃないですか。

mokuhan_tenugui
posted by mono at 14:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | モノの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。