2008年09月01日

mono #159 : papier labo calendar
hunting spot : PAPIER LABO@千駄ヶ谷

パピエラボ、第二弾!
最近お気に入りなんです。
このお店。

カレンダーです。
グレーに黒字の活版印刷。
かっぱん、かっぱん!
良いですよねえ、活版印刷。viva kappan!
活版印刷って大好き。
こんなに味がある印刷文字って、
今時なかなかないですよう。
あー、活版印刷の道具が欲しいなあ。
でも大きいんだろうなあ。
それに高いでしょうねええ。

むむ。話が逸れました。


このカレンダー、とても素敵なんです!
月ごとのカレンダーなのですが、
ペリっと破く時の
奥ゆかしいペリっと感がタマラナイ。
一度に全部ペリペリしちゃいたいぃぃっ。
と気を持たせるんだから分かっていらっしゃる。
そして。
なんて言ったって、デザインが秀逸っ。
この間、この空間、この配置!
この字、この色、この穴!!
紙の素材感も自然な風合いで
全体的センスが本当に良い。
抜け目のないヤツなのです。

カレンダーを留める穴が超可愛いので、
画鋲ではなく虫ピンで留めています。
そうすると、この可愛い穴が見えるじゃないですかっ。
この穴が見えないと、
全体のデザインのバランスが崩れちゃうからね〜。

で、これをですね、
私は特別な日のプレゼントに添えるのです。
お誕生日とか、赤ちゃんが産まれた日とか、ナントカ記念日とか、、、
そんな日に印を付けて、差し上げるの。
それも、手書きよりシールやハンコの方が味が出ます。
ほんのちょっと手間を掛けるだけで、
これがとっても意味深い
素敵なメッセージカードになるんですよ。
本当、本当。
持っている方は試してみてー。

こんな素敵な物だし、
とても活用しているので、
来年も是非作って欲しいなぁ。
とお店の方にお話したら、
なんでも作家さんは気まぐれな方だとか。
そこを何とか、お願いします!


papier calendar.jpg
posted by mono at 13:20 | Comment(135) | TrackBack(0) | モノの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。