2006年01月20日

mono #124 : 玄関のガラス
hunting spot : 大槻洋介

大槻さんのガラス、第二段!
これも、我家の為に、作って頂いたモノです。
先日、玄関の小さな窓に無事嵌りました。

どうですかっ!
ウツクシイでしょぉ?
丸く大きく作った硝子を、
四角くカットして、
それにカービングを加えたという、
一手間も二手間も掛かるシロモノなのです。
しかも、ガラスの厚みや、デザインに合わせて、
カービングの深さも変えているんですよ。
いやぁ〜ん。ウレシイ♪
手間暇掛けたモノって、大好きなのー。

最初はただ青いだけのガラスを入れようかと思ったんだけど、
こんなのもありますよなんて見本を見せてくれたのです。
もちろん、そっこーラブ。
でもって、発注。

良いんですよ、
この抽象的で飽きのこないデザインがっ!
青の深みがっ!!
元の丸い形を彷彿させる、ガラスの歪みがっ!!
切子のようなカービングがっ!!
作家さんモノって、良いよねぇ。

たった一枚の小さなガラスだけど、
家の顔というべき玄関が、マーベラスに変身しました☆
うほほほっ。

s-Ohtsuki_glass.jpg Yosuke_Ohtsuki5
posted by mono at 10:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | モノの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。