2006年07月28日

mono #142 : お香立て
hunting spot : 香舗 椿屋@神楽坂

雅なかほり漂うお香のお店、椿屋さんです。
全体的に、和な感じです。
ジャパニーズでございましょって感じです。
おほほ。

お香関係の小物以外に、
和風の綺麗な便箋や、扇子など、
デスクの引き出しにしまっておきたい
色味の綺麗な小物各種も扱っていらっしゃいます。
何で仕舞っておきたいかって?
だって、引き出しを開けたときに
綺麗な色柄の便箋が出てきたら嬉しいでしょ?
ワタシの場合、引き出しは宝箱なんです。
お気に入りの消しゴムとか、鉛筆とか、輪ゴムとか、シールとか、
紙とか、リボンとか、折り紙とか、小さな箱とか、クリップとか、
そういうどうでも良いモノが入っているの。
だから、綺麗な便箋が入っていたら嬉しいのねん。

そして。
ワタクシが触手を伸ばしたりまするは。
金魚柄のお香立て。
あたーし、金魚柄に弱いんです。
だって、赤くてふりふりで可愛いじゃないですか。
ふりふりって、幾つになっても憧れるでしょ。
あの金魚のふりふりを見るに付け、
ワタシも金魚になって、ふりふり泳ぎたいなあって思うのですよ。
そんなふりふり金魚が描かれたお香立てに、トキメカナイワケガナイ。

帰宅して、
 よし、どわーっとまったりするか
なんて時に、
お香の先に火を灯して、ゆら〜り煙を靡かせて、
この金魚ちゃんに立て掛ける。
この幸せな時間。
ああ、たまりません。

s-IMGP5200.jpg
posted by mono at 13:03 | Comment(67) | TrackBack(0) | モノの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。