2005年05月02日

mono #37 : グレープフルーツナイフ
hunting spot : Williams-Sonoma@渋谷

ソノマ祭りっ!
今日も懲りずにソノマです。

コレはですね、その名の通りグレープフルーツ用ナイフです。
グレープフルーツを包丁で横半分に切るでしょ、
そうすると、房が一番膨らんだところでスパッと切れるワケで、
皮と実の境界線が露わになるんですな。
種なんかも半分に切れちゃったりしてね。

で、そこの露わになった皮と実の境界線に
このグレープフルーツナイフを差し込んで、
ぐるりと実の形に合わせてナイフを動かしていくのです。
このナイフの丸みがグレープフルーツの丸みにフィットしているので、
綺麗にまあるく切れるというシロモノ。

ま、大抵は真中辺りがくっついたままなので、
今度は房と房の間をこのナイフで切れば、
後はスプーンでひょいひょいとすくって食べられる
という寸法なワケです。
ああ、言葉で説明するって難しい。。。

とても便利ですよぉ〜。
食べる時はもとより、
グレープフルーツの実を綺麗に取り出したい
なんて時にとても役に立ちます。

gf_knife.jpg
posted by mono at 11:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | モノの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。