2007年02月08日

mono #149 : クッキージャー
hunting spot : Adamstown

こちらは、アダムスタウンの蚤の市で見つけた
ガラスのクッキージャーです☆
直径20cmかしら。
小さなスイカぐらいの大きさです。

それほど古いモノではないけれど、
黒い缶の蓋が古びた感じがなんとも愛らしい。
普通な感じだから、
このコの説明ってなかなか難しいんだけど、
瓶のガラスの形と、蓋の煤けた感じが可愛くてぇ。
見つけた時には、買わねばなるまい!
と思ったのデシタ。

このコが売られていた空間もセットで買ったのかもナ〜。
アメリカの牧歌的な風景を抜けると、
アンティークタウンがあってね。
その街の一角に大きな倉庫があって、
週末になると広い砂利の駐車場でマーケットが開かれるんです。
テーブルが沢山並んでいてさ、そのテーブル一杯に
 壊れたおもちゃとか、
 本気な感じのアンティークの食器とか、
 訳の分からないがらくたとか、
 綺麗な布とか、
高い物も安い物も一緒に並べてあってね。
お天気が良くて、風がちょっと吹いていて、
顔が日に焼けてひりひりしたりしてさ。
駐車場の端に留めてあるバンには、
ハンバーガーとフレンチフライを買う人が列を作っていて、
ケチャップと油の匂いがしてね。
カントリーやらロックやら、
地方局のラジオが混じり合って良く聞こえなくてさ。
中の倉庫でキャラメルポップコーンを買って帰ろうかなー
なんて考えながら、このコを購入したんですヨ。


cookiejar_america
posted by mono at 11:44 | Comment(111) | TrackBack(0) | モノの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。