2007年02月26日

mono #150 : 青柳さんプレート
hunting spot : 青柳龍太氏/いただきモノ

わあああああ☆
いただいちゃいました。
う、う、う、嬉しい♪♪

表現家(この定義で良いのかしら??)青柳龍太さんの
空間表現アユミギャラリーが終わる頃。
 この展示が終わったら帰りに寄ってください。
と声を掛けられました。

以前、我家で青柳さんに作品を作って貰ったのです。
その実体を呼ぶのに色々と説明するのは難しいから、
分かりやすいようにインスタレーションと呼びますね。
そのインスタで、この、

 この空間には争いがない
 この部屋には壁がない

と活版印刷されたプレートが
もこもこるーむに、ぽつんと置かれていたのです。

おおおっ、と思ったのですよ。
この小さなプレート一つをぽんと置いただけなのに、
我モノラバハウスに温かい息吹を吹き込まれたような、
そんな感覚を覚えたのです。

そして、そして。
今年のアユミギャラリーでのインスタを見たら、
このプレートが置いてありー・・・。
我家で見たときと、
アユミで見たときの印象は違うものだけれども、
青柳さんの想いがループしているような気がしました。


活版という、一手間掛かった印刷がとても温かくて、
青柳さんの言葉を更に深くしているような気がします。
静かできりりと温かく。
理由を上手に説明は出来ないのだけれども、
大切な命がこのプレートに吹き込まれているような気がしてなりません。

aoyagi_ryota2.jpg

*画像では寝かせてありますが、普段は立てて飾っています!


posted by mono at 17:15 | Comment(102) | TrackBack(0) | モノの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。