2007年05月18日

mono #154 : ソプラノリコーダー/メック
hunting spot : 山野楽器店@銀座

何故ワタシはこんなものを買ってしまったのかしら・・・。
幼き良き時代への回帰願望?
プリミティブな世界を求める気持ち?
いいえ、違うわっ。
答えは、ワタシの潜在的な所に巣くう、あの陰が知っている。
いつもいつもワタシを悩ませる、あの症候。
そう、それは幼い頃から何時もまとわりついてきた。
それ故に、いつも周りの人と同じではいられなかったわ・・・。
でも、ううん。
いいの・・・。
それが、
ワタシの、
アイデンティティーなのだから。

なんて小芝居を打ったりして、
買ってしまった面映ゆさをごまかしたりしてみました。

そーよ、そーよ、そうともよ。
あたしゃ〜、ソプラノリコーダーを買ったのよっ。
だって、だって、だってさ、
 可愛かったんだもんっ!
必要、不必要に関わらず、
これは買わなきゃって思っちゃったんだもんっ。

それに、ホラ、凄いんだよ。
こんなに可愛いのに音が出るよ。ぽひぃ〜!
だって、これ、リコーダーだもんね。ひょろろろ〜!

まあまあまあまあ、そう呆れないで。
見てくださいよ、このコ!
かっわいいでしょ〜♪
ドイツのリコーダーのメーカー、MOECK社の品物です。
こんな素敵なリコーダー、見たことないよねえ。
このセンス、素晴らしいわぁ
収納袋だってイケテルぅ〜。
子どもの頃吹いていたプラスチックのリコーダーとは
比べものにならないほどの美しいフォルムっ。
桜の木の白っぽい木の色と、
赤で刷られた印字のコントラストがまた美しい!
それでいて、
 頑張っていますっ
というね、騒々しさがナイというのが
心揺さぶられるじゃないですか。
初奴めぇぃ、みたいな、ね?
いやあ、まいった、まいった。
カタログを見たとたん、そっこーらぶですよ。


モノラバ楽団もあることだし、
きっと何処かで活躍できるよ!ね、ね。
と安易な言い訳をしながら、
運指表を頼りにたどたどしく音を出す
今日この頃であります。ぴひょー。
全音で買えますヨ。ぷひょー。



moeck.jpg
posted by mono at 13:21 | Comment(729) | TrackBack(0) | モノの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。