2005年06月13日

mono #63 : 鼈甲耳掻き
hunting spot : ツルヤ@浅草

細工、職人芸、伝統の技
などという言葉に
からきし弱いワタクシです。
ミナサマ、こんにちは。

で、ゲットに相成りましたのが、
この鼈甲(べっこう)耳掻き!
ウミガメさん、ごめんなさいっ。
でもね、鼈甲って、日本の誇るべき伝統工芸品だと思うのです。
匠の技だと思うのです。
継承すべき技術だと思うのです。

まぁ、ワタシがウミガメさんだったら、
迷惑なハナシなんですけど。
だーけーどーさぁ。
そんなコト言ったら、お肉やお魚は食べられないし、
革製品だって使えないもんねー。

あ、ちょっと発見。
牛さんだと、感謝!で頂くけど、
ウミガメさんだと御免なさいっ
て気持ちになるのは何故かしら。
生きるのに必要ない贅沢品だから?

兎にも角にも、鼈甲の耳掻きです。
美しいでしょ〜っ。
浅草は浅草寺のほど近く、
仲見世をぐぐ〜っと入った所にお店を構えている
ツルヤさんで入手しました。
外国の方向けのお土産を意識して作られたであろう
綺麗な和布の耳掻き入れがまた素敵っ☆
ザ・ジャパニーズって感じが、イイじゃないですか。

ブローチとか、ペンダントヘッドとかの大モノ鼈甲は
あまり好きじゃないんだけど、
こういう小さいモノは大好き!

鼈甲の飴色が細い柄の中に複雑に混ざり合って、
何ともいえない芸術性を醸し出しているのが
タマラナイのですよぉ。

mimikaki.jpg
posted by mono at 17:35 | Comment(125) | TrackBack(0) | モノの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。