2005年06月20日

mono #69 : 指輪/江戸銀細工
hunting spot : 西武百貨店@池袋

ずーいぶん前に購入したものです。
江戸銀細工として売られていました。

昨今のアクセサリーはもっと滑らかで、
工業的というか、量産的というか。。。
鎌形があって、それに銀なり金なり流し込んで、
同じ形のものをポンポン作ると思うのですが、
このコは違う!

この、手作り感、見てくださいよぉ。
何となく、こーう、
不器用な感じがイイでしょぉ〜。
イイでしょぉ〜って言われても
良く見えないカナ?
 ホントは素直なんだけど、
 気持ちを上手に伝えられなくて
 何だか損しちゃうの。。。ぐすん。
そんな姿を想像させられます。
考えすぎ?

しかしながら。
まるまるとしたお花がキュート☆
枝と枝の間には空間が出来ていて、
こんな小さいのに、良くまあ、
こんな細かい細工が出来るモノだと
関心させられます。
ぬらぬらっとした質感も味があってイイ!

時間や知識を紡いで受け継がれてきた技の延長線上に、
このコが居るのだなぁと思うと、
これがまた愛しく思えるのですな。

みな同じく整っていて綺麗。
というのは、本当にイイモノであるのか??
と、この銀細工を見ると思うんですよ。

edo_ring.jpg
posted by mono at 10:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | モノの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。