2005年08月31日

mono #103 : 靴ベラ
hunting spot : 貞@神楽坂

毎度お馴染み、さんグッツ。
店主、貞さんコダワリの逸品、靴ベラです☆

どこらへんが拘りなのかと言いますと、
コレは、北上山系の白樺で出来ていて、
斧が折れるほど堅いということから、
斧折れ樺(おのおれかんば)と呼ばれているんですって。
それほど堅くて丈夫な素材を使って作っているんだ!
と自慢していました。
ほほう。

そう言われてみますれば、
こんなにも細くきゅんとしているのに、
反ったりしていないんですよ。
先端も全く欠けることなく、
綺麗なカーブを保っています。
靴を履くときぐいぐいっとしても、
シャキンと形を保ったまま、びくともしないの。
やるねぇ。
そんじょそこらのヤワなヤツラとは
一線を画しているっぽいね。

丁寧に仕上げてあるので、
手触りがつるんとしていて、気持ちが良いんです☆
それにこの曲線美!!
ウツクシイでしょぉ〜。
げーじゅつですよ、匠の技ですよ!!
タマリマセンねぇ〜っ。
生半可な技術じゃあ、
こういう美しいモノは造り上げられないでしょぉっ。

お店にある貞さんご愛用のモノは、
飴色に育ってきて、とても綺麗なんです。
ワガヤのはまだ買ったばかりだから、白っぽいのね。
きっと5年ぐらい経ったら、
綺麗な色になるのでしょう。
飴色目指して大切に育てねばっ。

kutsubera_.jpg
posted by mono at 12:51 | Comment(62) | TrackBack(0) | モノの記録 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。